All posts by Taeko Mitamura

インポートアイテムを使ったシックでエレガントな着こなしの提案を得意とするスタイリスト兼アパレル会社オーナー。PRプランナーの肩書きを持ち、2014年7月に独立しアパレル&PR会社「UNCLACK株式会社」を創設。大学在学中にWeb・ECの仕事を始め、IT創成期にはEC事業を手がけるMakeShopのスタートアップメンバーとして参画した。
Coordinate

キャンディスリーブ+ワイドベルトのエフォートレスモード

Wide chic by unclack featuring pointed toe pumps Jacquemus white shirt dress, ¥53,790 /...
Feature

ファッションが性別を超えて進化しているのか – 東京コレクションウィーク前に

隅々をみてもきれいな道。昼夜問わず明るく、不自由を感じない東京は情報と限りのないモノの豊かさの象徴で、近代的な建物と喧騒が交わり独特の文化が形成されている。モノの飽和と渇望状態は、花の芽吹く前に似ていて東京に新しい文化が…
Feature

”GOLDMINE” 漂流物に価値を見出す、豊かな発想力

私たちがいるほとんどの街では、ごくごく自然に売り買いが行われ、買った人はそれがどこで作られたのか、素材はどこで産まれたのかすらよくわかっていないことがある。買った「モノ」が使われ、いらなくなり「廃棄」される。永遠と循環さ…
Feature

パタンナーが口にするエレガンスメゾンの誇り – TAE ASHIDA

タエアシダは今期25周年ということで、一層の華やかさと共にコレクション内容への注目も一入。 独自のメゾンを国内に持ち、40年間ずっとタエアシダの元で働くパタンナーのコメントからは、ここに属し作品に携わることへの誇りが感じ…
Feature

大人のベーシックラインとは

近年でビッグサイズが稀に見る流行が続いているが、コーディネートをする際に非常に難しいとされて、とくに日本人体型には似合うのだろうか?と疑問符になることがしばしば・・。 Dressdundressedのデザインを見るたびに…
Feature

自由になれなかった人がいた。究極の課題へ取り組んだtenbo

巷あふれるファッションアイテムひとつ見たときに、商業的な側面から、大多数の人が着ることができるありふれた衣類が展開されることが多い。サイズ、素材、カラーリング、何の疑念もなくわたしたちは選び、そのほとんどの服を着ることが…
Feature

“優美な意外性 – A Dainty Sheer Layer” – Hanae Mori manuscrit 2017SS collection

今季のハナエモリ・マニュスクリのコレクション会場は東京ガーデンテラス紀尾井町の「赤坂プリンス クラシックハウス」。1930年に邸宅として立てられ、東京都有形文化財となった建物であり、到着してすぐにその格調の高さを感じるこ…
Feature

“immemorial modish” – IN-PROCESS 2017SS collection 太古エジプトから

太古・古代というイメージからは、神秘性とエキゾチックさが混合され、縁遠い文化と感じるひともいるかもしれない。遥か太古のエジプトからアジア大陸へと継承され、文化が発展してきたアジア人である日本人としては必ずしも遠からず、む…
Feature

“to whom” – divka 2017SS collection 未知の服へ

  どの時代でも固執された女性美に対する考えが、服という表現方法の上で押し付け続けられるときがあり、ただ、はっきりとした女性印を押された服が人を魅了し続けるのかというと、女性の複雑性はそういうことでは単純に表現…